>> コスパNo.1ミールキットを見てみる <<

パクモグ(PAKUMOGU)の実食レビュー!唯一気になったデメリットとは?

パクモグは小さいお子さんのいる家庭をターゲットにした宅配ミールキットです。この記事では、10社以上のミールキットを食べてきた筆者がパクモグを徹底レビューします!

結論から言うと、パクモグは「子ども商品モニターが美味しいと言ったメニュー」だけ採用していることがしっかりと伝わりました。

一方で、産地の開示が少ない点や味付けが濃い点は、子ども向けを謳うのであればもうちょっと頑張ってほしいところです。

パクモグの特徴を3つ挙げた図
▲パクモグの3つの特徴
  • 子どもの好き嫌いに困っている!
  • 子どもを連れて買い物に行くのが大変……
  • 共働きだから料理はパパっと済ませたい

そんな子育て世代の共働き夫婦にありがちな悩みはパクモグに解消してもらいましょう。

この記事を読んで、「パクモグいいかも!」と思ったらぜひ注文してくださいね。

パクモグの基本情報や口コミが知りたい方は「PAKUMOGU(パクモグ)ミールキットの口コミと評判!」も合わせてお読みください!

この記事を書いた人

ミールキットブロガー

あがぺい

30代の共働き主夫。これまでに14社のミールキットを経験。

オイシックス、ヨシケイ、あっ!とごはん、パクモグ、らでぃっしゅぼーや、あおいの給食室、わんまいる、ハローフレッシュ、TastyTable、あめつち、クッキット、無印良品、Spice me、宅麺

2023/1/3現在

お得なキャンペーン情報!

『パクモグ PAKUMOGU』はミールキットがほぼ半額になるキャンペーンを実施しています。

①2週間お試しプラン
週4日以上の注文で通常559円→299円の47%オフ! 3/27週お届け分まで、最大2週間おトクに。

②のりかえキャンペーン
週4日以上の注文で通常559円→299円の47%オフ! 3/27週お届け分まで、最大3週間おトクに。

ミールキットを初めて使う方は①を、他社のミールキットを利用している方は②を利用してくださいね。

※注文の〆切は前週の水曜日。キャンペーンを最大限活用したい場合は①3/15、②3/8までに注文してくださいね!

子どものおすみつきミールキット

パクモグ(PAKUMOGU)の注文と配達

画像引用:公式サイト

パクモグの注文から実食までをレポートしていきます。

パクモグのミールキットはスマホ(パソコン)から注文可能。曜日ごとに2つの献立が決まっているので、ほしいミールキットをカートに入れて決済するだけの簡単操作でした。

運営元が同じである『あっ!とごはん』を初めて注文したときの流れを参考にしてお伝えします。

ネットで翌週分のミールキットを注文

パクモグのホームページから会員登録をしたのち、利用したい日にちのミールキットにチェックをつけてカートに入れます。今回は月~金の5日分のミールキットを注文しました。※週1日からの注文も可能です。ただしキャンペーンを利用する場合は週2日以上の利用が必須となります。

▲曜日ごとに2種類から選べる

献立が2種類あるから、好きな料理を選んだり苦手な献立を避けたりできて嬉しい!

支払い方法を選び、注文を確定します。注文完了のお知らせメールには、「事前の説明のために担当者から連絡が来る」と書かれていました。

支払い方法は現金かクレジットカードが使えます。ブランドはイオンカード、VISA、MASTER、JCB、AMEX、Dinersです。

エリア担当者さんから配達の確認が来た

注文後、担当者さんからSMSで丁寧なメッセージが到着。

担当者
担当者

○日からご注文のミールキットをお届けします。お届け時間は11時半前後になります。明日の午後、鍵付きボックス設置して行きますのでご確認ください。

パクモグはワタミの自社便で配達するため、このような事前の確認があるようです。我が家は共働きで日中家を開けているため、宅配ボックスを用意していただきました。

あっとごはん、パクモグの鍵付き宅配ボックス
▲宅配ボックスは鍵付きで安心

私は電話が苦手なのでSMSを使ってくれて助かりました。仕事中に電話を取るのも大変ですからね。

毎日自宅に届くのに送料無料!

▲ミールキットは保冷剤とともに

利用日になるとミールキットが宅配ボックスに届きました。共働きでも受け取りの心配がないのは本当にありがたい! これで送料無料は嬉しいですね。

ミールキットは保冷剤とともに発泡スチロールに入っているので衛生面はOK。食材がひと袋にまとまっているので、ひょいと持ち上げて家に持っていくだけでした。

献立も考えず、食材を買いに行く必要もないって最高! この手間がなくなるだけでも使う価値ありです。

献立作りはもうやらない!

パクモグ(PAKUMOGU)の調理と実食

今回は

  • 主菜:鶏肉とカラフル野菜の甘酢あん
  • 副菜:切り干し大根煮

を実食レビューします。

おことわり

筆者の子どもはまだお腹の中なので、パクモグが美味しいかは判定できません。「ほんとうに子どもが美味しいと言うか?」については、Twitterの口コミ紹介に代えさせていただきます。

キットの中身はレシピ・食材・調味料

ミールキットの封を開けると、レシピが書かれたA4の紙、個包装の食材、合わせ調味料が入っていました。ほとんどがカット済みの食材で、この日のレシピは包丁いらずの日でした(包丁を使う日もあります)。

パクモグのレシピカード
▲レシピカード
パクモグミールキットの中身
▲ミールキットの中身

レシピは主菜と副菜を行き来しながら作れるような手順になっていました。必要な調理器具が書いてあるので、全体的な手順が理解しやすかったです。

パクモグのレシピ
▲パクモグのレシピ

食材は一通りそろっていますが、基本調味料や油などは自分で用意しなければなりません。今回はしょうゆ・片栗粉・油・水が必要でした。

野菜の皮をむいたり、包丁でカットしなくていいのでホント楽です。

カット済食材だから時短調理が可能

まずは副菜から調理!

切り干し大根と干し椎茸を水で戻し、水気を切ってニンジンと油で炒め合わせます。水と「煮浸しベース」と書かれた調味液を入れて煮ていきます。

干し椎茸と切り干し大根を水で戻す
▲レンジを使って戻し時間を短縮
具材を炒め合わせて調味液を入れる
▲ニンジンはカット済みだから入れるだけ

お次は主菜を。一口サイズにカットされた鶏肉にしょうゆで下味をつけます。片栗粉をまぶした鶏肉と小さくカットされた野菜たちをフライパンに入れて炒めます。

鶏肉にしょうゆをつける
▲包丁を使わないから洗い物が減る
カット野菜を炒め合わせる
▲野菜たっぷりで彩りもよき!

鶏肉と野菜に火が通ったら「鶏肉の甘酢あん」と書かれた調味液を入れます。

2口コンロでパクモグを作る図
▲2口コンロでせっせと同時進行
主菜の調味液を投入する図
▲味付けに失敗しない!

全体に馴染んだらあとはお皿に盛り付けて完成です!

調理時間は18:16~18:38。この日は22分で2品できました!

料理好きな筆者は目安の20分で作れましたが、普段料理しない妻は30分くらいかかっていました。

つま
つま

これでも早い方。ミールキットがないと1時間以上かかるからね……。

子どもが食べやすい工夫満載の2品が完成

▲主菜と副菜でバランス良し

できあがった2品がこちら! こちらにごはんとお味噌汁を加えて立派な一汁二菜の完成です。

主菜の”鶏肉とカラフル野菜の甘酢あん”はコロコロとした野菜が特徴。スプーンですくいやすく、子どもが食べやすいように工夫されているなと感心しました鶏肉はしょうゆで下味をつけていたので、甘酢に負けないくらいのジューシーさがありましたよ。

切り干し大根の煮物は家庭的で安心する味。合わせ調味料を入れただけなのに味が決まっているから本当に楽ちんです。副菜があるのとないのとじゃ食卓の華やかさが違いますからね。副菜も含めて20分で完成するのは助かります。

さいの目切りにするのは一苦労ですから。カット済み野菜の頼もしさを感じました。

他にも食べたミールキットはこんな感じ。バラエティに富んだメニュー展開が嬉しいですね。

パクモグのとりマヨとクリーム煮
▲とりマヨとクリーム煮
パクモグのポークソテーとコンソメスープ
▲ポークソテーとコンソメスープ

パクモグを食べた方の口コミ

あなたのお子さんが食べるか食べないかは、食べてみないと分からない……!

最新メニューの確認はこちら

パクモグ(PAKUMOGU)のメリット/デメリット

使って分かったパクモグのメリットとデメリットはこちら。

メリット/ 満足!
  • 2人前2品で1,198円は安い
  • 曜日ごと2種類から選べる
  • 子どもが好きそうな味付け
デメリット/ 不満…
  • 食材の情報開示が少ない
  • 濃いめの味付けが気になる

パクモグのメリット(満足な点)

2人前2品で1,198円は安い

パクモグは2人前2品で1,198円からいただけます。これは他社のミールキットと比べて安い方。父母+お子さん1人の3人前だと1,797円で、一人当たり599円です。

注文数 2人前の値段
週1日1,198円
1人前 599円
週2~3日1,158円
1人前 579円
週4~5日1,118円
1人前 559円
2022年10月22日調べ
注文数 3人前の料金
週1日1,797円
1人前 599円
週2~3日1,737円
1人前 579
週4~5日1,677円
1人前 559
2022年10月22日調べ

晩ごはんは毎日のことですから、ミールキットは安くないと継続しにくいですよね。

パクモグは必要なサービスが過不足なくそろっているため、「時短したい! でも食費は抑えたい……」と悩んでいる方にピッタリなミールキットです。

  • 主菜副菜のそろった献立
  • 野菜の品目が多い
  • 送料無料で毎日自宅に届く

これだけ充実していて1,198円はハッキリ言ってお得です。

コスパのよいミールキットを探している方は「【予算別】安くて美味しいミールキットまとめ」も参考にしてください。

曜日ごと2種類から選べる

パクモグは毎日2種類から選べます。自分が食べたい献立を選んだり、お子さんが苦手な献立を回避したりできるので自由度が高いです。

かといって多すぎても選びにくいし、2種類ってのがちょうどいいですね。

私は夜に白米を食べたい派なのでパスタやうどんのメニューは避けます。また、普段はお肉ばっかり食べがちなので、お魚を積極的に選ぶようにしています。

子どもが好きそうな味付け

パクモグは子どもの完食を目指したメニュー開発を行なっています。

お母さん
お母さん

なんでこんなに頑張って作ったのに食べてくれないの?

パクモグはそんな子どもの好き嫌いに悩む主婦の味方となると感じました。

甘じょっぱい味付けが多いこと、食べやすいように野菜を細かく刻んでいることにパクモグならではの工夫が見られました。

私はまだ子どもがいないので実感はありませんが、作った料理を食べてくれないのは本当に辛いと思います。

ミールキットには合わせ調味料が入っているため、味付けに自信がない人でも美味しく作れます。

パクモグのデメリット(不満な点)

一方で不満もいくつかありました。安いからこそ、犠牲にしている部分も多い印象です。

食材の情報開示が少ない

他社のミールキットと比較すると、パクモグは食材の情報開示が少ないです。ごはんはお子さんの身体の素ですから、食べ物には気を付けたいですよね。

例えば、オイシックスは「たべもの安心宣言」を発信して食の安全をアピールしています。ヨシケイは野菜の産地を開示し、YSOと呼ばれる自主基準を設けて品質管理しています。

パクモグはホームページを探しても安全に関する情報は見当たりませんでした。肉類はほぼ外国産である点、調味液に添加物が入っている点が悪目立ちする形に。

鶏もも肉(ブラジル産)
▲鶏肉はブラジル産
豚ロース肉(カナダ産)
▲豚ロースはカナダ産

コスト削減の結果でしょうが、子どもをターゲットにするなら安心・安全は抑えておくべきポイントじゃないかなと思います。

外国産が悪いってわけじゃありませんが……。国産にこだわる方は同じ価格くらいのヨシケイを選びましょう。

パクモグとヨシケイの違いは記事の後半でお伝えします。>>>タップしてジャンプ

濃いめの味付けが気になる

実際に10食を食べて、ほぼ毎食「味が濃い」と感じました。ファストフード(子ども大好き!)のようなジャンキーな味付けが印象的。

↓ 私に共感してくれたフォロワーさんもいらっしゃいました。

子どもが喜ぶメニューがウリのパクモグ。これが裏目に出ているかもしれません。

「親が子どもに食べさせたい」と「子どもが食べたい」は必ずしも同じではありませんから、親子の食い違いが生じる部分ですね。

私は調味液を全部入れないように気をつけました。味の濃さの調整は可能ですので、そこまで大きな問題じゃないかも?

パクモグをおすすめできる人、できない人

パクモグはほとんどの子育て世代におすすめできますが、食に対するこだわりが極めて高い方には推せません。

こんな方におすすめ!
  • 子どもの好き嫌いに困っている!
  • せっかく作ったのに食べてくれない
  • 子どもを連れて買い物に行くのが大変……
  • 共働きだから料理はパパっと済ませたい
パクモグは合わないかも
  • スーパーでは産地や添加物を必ず確認する
  • 子どもには素材本来の美味しさを味わってほしい

とはいっても、パクモグは週1日から利用できますので、特に忙しい曜日だけ利用するなど賢い使い方もできます。

「こだわりはあるけど毎日こだわって作るのはしんどい」って方は少ない頻度でいいから、パクモグを使ってラクしてくださいね。

週1日から始められる!

キャンペーン価格を適用するには週2日以上の注文が必要な場合もあります。

パクモグ(PAKUMOGU)とヨシケイの比較

パクモグはヨシケイとくらべてどうなの?

と、思っている方が多いのではないでしょうか。1食の価格や配達形態など似ている部分も多いですよね。

パクモグとヨシケイ(カットミール)の特徴を表にまとめました。※ヨシケイは10種類以上のコースがありますが、ここではパクモグと仕様が似ているカットミールを比較対象として挙げています。

1食の内容2人前 2品2人前 2品
1食の価格1,198円約1,300円
食材の処理ほぼカット済みほぼカット済み
調理時間目安15~20分10~15分
食の安全お肉は外国産多め
情報少ない
国産中心
独自の品質制度あり
味付け合わせ調味料自宅の調味料
利用可能日月~土
祝日はなし
月~土
配達形態自社便で毎日自社便で毎日
宅配ボックス貸出あり貸出あり
公式サイトパクモグヨシケイ
▲パクモグとプチママの特徴

パクモグはカットミールよりも子ども向けを意識したメニューが多め。合わせ調味料が入っているから、味付けに自信がない人でも使いやすいです。

一方で、食に安心を求める方や、味付けを自分でコントロールしたい方はヨシケイを使うのがいいですよ。

両社、毎日自社便で置き配してくれる点が似ています。日中家を不在にしている共働き夫婦、小さいお子さんが居てピンポンを鳴らしてほしくないご家庭にうってつけです。

ヨシケイに不満があるのであれば一度パクモグを利用してみてはいかがでしょうか? パクモグは乗り換えキャンペーンをやっていることもありますよ。

お得なキャンペーン情報!

『パクモグ PAKUMOGU』はミールキットがほぼ半額になるキャンペーンを実施しています。

①2週間お試しプラン
週4日以上の注文で通常559円→299円の47%オフ! 3/27週お届け分まで、最大2週間おトクに。

②のりかえキャンペーン
週4日以上の注文で通常559円→299円の47%オフ! 3/27週お届け分まで、最大3週間おトクに。

ミールキットを初めて使う方は①を、他社のミールキットを利用している方は②を利用してくださいね。

※注文の〆切は前週の水曜日。キャンペーンを最大限活用したい場合は①3/15、②3/8までに注文してくださいね!

お得に始めるなら今!

まとめ 子どもの好き嫌いに困ったらパクモグ!

というわけで、ワタミのミールキット『パクモグ(PAKUMOGU)』を実食レビューしました。

実際に食べてみると、子どもが食べやすいように味付けされていたり、野菜を細かく切っていたりと工夫がなされていました。

パクモグは子ども商品モニターが美味しいと言ったメニューだけ採用していることがしっかりと伝わりました。

一方で、産地の開示が少ない点や味付けが濃い点は、子ども向けを謳うのであればもうちょっと頑張ってほしいところです。

サービス面は満足度が高いし、ミールキット界隈では安価な部類なので始めるなら早いほうがいいですよ!

まだ不安がある方は「PAKUMOGU(パクモグ)ミールキットの口コミと評判!」でSNSの口コミや詳しいサービス内容をご覧ください。

以上、今すぐパクモグのミールキットを注文して毎日の晩ごはんを楽にしてくださいね!

最後まで読んでくださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA