【氷砂糖消費5選】りんごジャム、ジンジャーシロップのレシピを紹介

こんにちは! 家事する主夫ブロガーのあがぺいです。

自宅で梅酒などの果実酒を作ると、氷砂糖が余ってしまうことありませんか?

あがぺい
あがぺい

初めてりんご酒を作ったとき、氷砂糖を半分以上余らせてしまいました。

「氷砂糖=果実酒作り」なんてイメージもありますが、他にも使い道があるんです!
この記事では余らせがちな氷砂糖の消費方法を5つ紹介します。
余っている氷砂糖があったら、ぜひ活用してみてくださいね。

氷砂糖の消費方法 5つ
  1. 飴(非常食)
  2. 砂糖の代用
  3. 果実酒
  4. ジャム
  5. シロップ

1. そのまま食べる

1つ目の消費方法は、氷砂糖を飴のようにそのまま食べること
ちょっと口寂しいなと思ったときにパクっと口に入れると、キリッとした甘みが心を落ち着かせてくれます。

氷砂糖は英語で”ロックキャンディ”。
キャンディ(飴)と同じように食べても変ではないですよ。

そもそも氷砂糖って?

氷砂糖は、純度の高いショ糖の大きな結晶です。

つぶつぶの砂糖よりもゆっくりと溶けることが特徴で、果実のエキスが出やすいため果実酒づくりに向いていると言われています。

参考>>>全日本氷糖工業組合 | 氷砂糖のひみつ

氷砂糖は非常食にもなる

氷砂糖は非常食としても優れています。
災害時には3つの効果でわたしたちを助けてくれます。

  • 脳と体のエネルギーになる
  • 唾液が出て渇きを潤す
  • 甘さが心を落ち着かせる

氷砂糖はかんたんにエネルギーを摂取できるだけでなく、常温で長期保存が可能なので備蓄しておくといいですね。
ローリングストックのメンバーに氷砂糖を入れてみてはいかがでしょうか?

<ローリングストック>

日常的に「買う→備える→食べる→買う」を繰り返して、非常食が常に家にある状態にすること。

記事の趣旨に反してますが、氷砂糖は無理に消費しなくてもいいかもしれません。

参考>>>非常食としての氷砂糖|農畜産業振興機構

2. 砂糖の代わりに普段使いする

2つ目の消費方法は、砂糖の代用です。
氷砂糖は純度の高い砂糖なので、当然ながらいつもの料理に使うことができます。

煮物の甘み付けに

オススメは煮物の甘み付けに使うこと。

氷砂糖は表面積が小さいため、ゆっくり溶けていきます。
雑味のないスッキリとした甘みをじんわりを放出してくれて、具材の味を邪魔しないことが特徴です。

ミネラルの多いきび砂糖などと比べるとコク(≒雑味)が出にくいかも。お好みで使い分けてくださいね。

例えば、

  • すきやきの割り下
  • 肉じゃが
  • 五目豆
  • 甘露煮
  • ぜんざい

などに使ってみてください。
分量は砂糖と同じで大丈夫です。

料理のさしすせそ

料理の基本の調味料を表した「料理のさしすせそ」。

順番にも意味があって、先頭にある「さ」の砂糖は一番先に入れることを意味しています。

砂糖は分子が大きいため具材に味が染み込みにくいからです。

氷砂糖を早めに入れて、ゆっくり溶かしながら甘みを染み込ませると美味しく仕上がりますよ。

3. 果実酒を作る

3つ目の消費方法は、果実酒作りです。
氷砂糖にスポットライトが当たるのは、主にこの果実酒作りではないでしょうか?

果実酒は切った果実と氷砂糖をガラス瓶に入れて、果実酒用のホワイトリカーに漬けるだけでカンタンに作れますよ。

こちらは我が家で浸けたりんご酒です。
半年ほどで美味しく飲めるようになりました。

りんご酒(0日目)
りんご酒 0日目
りんご酒(240日目)
りんご酒 240日目
消費のスパイラルに注意!

余った氷砂糖を使い切るために果実酒を作ろうとすると、今度はホワイトリカーが余ってしまうことも。

消費のスパイラルにハマってしまわぬよう、購入する分量にはご注意ください。

我が家にはホワイトリカーが1000ml余っています。

4. ジャムを作る

4つ目はジャムです。
純度100%の氷砂糖なら果実本来の風味を生かしたジャムになります。

りんごジャムのレシピ

ここでは、ひとつの例としてりんごジャムのレシピを紹介します。

美味しく作るポイントは、いちょう切りとすりおろしの併用です。

  • 焦げにくい
  • 皮に多く含まれるペクチンがジャムにとろみをつける
  • りんごの食感がアクセントになる

初めてのジャム作りでもカンタンに作れました♪


↓ タップかクリックで開いてください。

必要な道具

  • 包丁、まないた
  • 小鍋(アルミ製以外)
  • ヘラ
  • ボウル 2個
  • ガラス容器
  • おろし器

アルミの鍋は果物の酸に弱いので使わないほうがいいそうです。

りんごジャムの材料

  • りんご 2個
  • 氷砂糖 180g
  • レモン汁 大さじ2
  • 水 200ml
  • 塩 大さじ1/2

リンゴの重量に対し、30~50%の砂糖を入れます。砂糖が多いほうが日持ちするジャムになりますよ。

こちらはお好みで。
シナモン
シナモンパウダーを入れると、甘い香りがして本格的なジャムになります。
バター
りんごバターも美味しいですよね。砂糖と同量のバターを入れましょう。

りんごジャムの作り方

塩水をつくる
塩水を作る

ボウルに水と塩を入れて塩水を作ります。りんごの変色を防ぐ効果があります。

りんご①をいちょう切りにする
いちょう切り

1つめのりんご①の芯、皮を取り除き、いちょう切りにします。切ったあとは塩水に浸けます。

りんご②をすりおろす
すりおろす

2つめのりんご②の芯を取り、皮付きのまますりおろします。

鍋に入れて火にかける
火にかける

鍋に、塩水からあげたりんご、すりりんご、氷砂糖、レモン汁を入れます。中火にかけ、沸騰したら弱火にします。焦げ付かないように時折ヘラで混ぜましょう。

20~30分かけて煮詰める
粘り気が出る

写真のように色が変わって粘り気が出てきたら完成です。

ガラス容器に詰める

粗熱を取ってからきれいなガラス容器に入れます。


完成したりんごジャム
トーストにジャムを塗る

完成したりんごジャムがこちら!
いちょう切りしたりんごが残っているので、シャリシャリとした食感も楽しめるジャムになっています。

トーストに塗って食べると最高に美味しいですよ!

5. シロップを作る

5つ目の消費アイディアはシロップ作りです。
果実酒作りに似て、氷砂糖が素材の味をぎゅぎゅっと引き出してくれます。

  • ジンジャーシロップ
  • 梅シロップ
  • レモンシロップ

お好みのフルーツでシロップを作ってみてはいかがでしょうか。
炭酸水で割るとスカッとした爽快感あふれるドリンクが楽しめますよ。

ジンジャーシロップのレシピ

ここではジンジャーシロップの作り方を紹介します。
自家製ジンジャーエールを作ることも出来ますので、ぜひ試してみてくださいね。


↓ タップかクリックで開いてください。

必要な道具

  • 包丁、まないた
  • おたま
  • ガラス容器

ジンジャーシロップの材料

  • しょうが 200g
  • 氷砂糖 200g
  • 水 400ml

こちらのスパイスを加えると、本格的なキリッとした辛口ジンジャーエールが作れます。

  • 鷹の爪 1本
  • スターアニス 1/2個
  • クローブ 4個
  • ブラックペッパー 8個
  • ローリエ 1枚
  • シナモンスティック 1本
    (シナモンパウダー 小さじ1でも可)

ジンジャーシロップの作り方

しょうがを輪切りにする
切ったしょうが

水で洗ったしょうがを皮ごと輪切りにします。

スパイスを用意する
スパイス類

鷹の爪の種を取り除きます。

鍋に入れて火にかける
火にかける

しょうが、氷砂糖、水、スパイス類を鍋に入れて中火にかけます。適宜、アクを取り除きます。
沸騰しそうになったら弱火にして、更に30分煮ます。

粗熱を取って容器に保存する
煮詰めたジンジャーシロップ

全体にとろみがついてきたら火を止め、粗熱を取ります。
ガラス容器に移し替えて完成です。


自家製ジンジャーエール
▲自家製ジンジャーエール

自家製のジンジャーシロップと炭酸水を1:3で混ぜれば、最高のジンジャーエールが味わえます。
お風呂上がりに一杯いかがでしょう。

レモン味の炭酸水がベストです!

まとめ 氷砂糖は使い道いろいろ!

というわけで、余った氷砂糖の消費方法を5つ提案させていただきました。

みなさんが「作ってみたい!」と思えるレシピはありましたか?

氷砂糖の消費方法 5つ
  1. 飴(非常食)
  2. 砂糖の代用
  3. 果実酒
  4. ジャム
  5. シロップ

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

以上です!

ミールキット使ってみて!

当ブログでは共働き世帯に向けて、ミールキットを全力で紹介しています。ミールキットは食材・調味料・レシピがセットになった便利アイテム。晩ごはんに疲れたあなたに知っていただきたい商品です。

当ブログへ初めて来た方へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA