オイシックスは自炊より高い?再現レシピで検証!|ミールキットの付加価値を算出

ミールキットは便利そうだけど、ちょっと高いなぁ……

ミールキットを割高に感じ、いま一歩踏み出せない方も多いのではないでしょうか?

あがぺい
あがぺい

自炊より高くつくんですよねぇ

そこで! この記事ではミールキットは自炊と比べてどれだけ高いのかを検証していきます。

ミールキットV.S.再現レシピで、材料費と作業時間を比較してみました。

  • 材料費
  • 作業時間

この記事を読めばミールキットにどれほどの付加価値があるのかが分かります。

結論から言うと、ミールキットには食の安全・面倒事からの解放・時短調理などのメリットがあります。

価格に見合うだけの価値があるか、一緒に確かめていきましょう!

よく分からなかったらお試しセットで実際に食べてみてくださいね

人気のミールキットが試せる

ミールキットと自炊の「材料費」を比較!

ジューシーそぼろと野菜のビビンバ+小ねぎとのり、豆腐の韓国風スープ

まずはミールキットV.S.自炊で材料費を比較していきます。

調査対象はオイシックスのKit Oisixです。

「ジューシーそぼろと野菜のビビンバ+小ねぎとのり、豆腐の韓国風スープ」でレッツ検証!

お試しセットで必ず入っている大人気商品です!

★オイシックスのお試しセットは「【オイシックス】お試しセット徹底レビュー!|申込から実食まで写真で解説」でレビューしています。

自炊なら材料費はミールキットの3分の1

スーパーで購入したミールキットと同じ食材
▲スーパーで購入した食材

材料費だけで見ると、ミールキットは自炊の3倍かかることがわかりました。

スーパーで食材を買うと、材料費は390円でした。

材料購入価格
たまご x 240円
合いびき肉 100g100円
ニラ 30g30円
えのき 1袋90円
にんじん 1本50円
小松菜40円
小ねぎ 1本10円
味のり 1袋20円
絹豆腐 1/4丁10円
合計390円
▲自炊する場合の材料費

ニラやたまごなどは購入品の一部だけを使っているので、価格を按分して計算しています。

オイシックスのミールキットは2人前1274円で販売されていますので、食材だけならおよそ3分の1の値段で買えたことになります。

オイシックスのミールキット販売画面
▲オイシックスで購入
  • オイシックス 1274円
  • 自炊 390円

価格差はなんと884円

こうやって数字で比べてみると「ミールキットは割高だなぁ」とより強く感じてしまいます。

こんなに差があるとは知りませんでした……

しかしながら、オイシックスのミールキットは品質にこだわった食材を揃えていることを忘れてはいけません。

オイシックスは品質にこだわりあり

オイシックスのたべもの安心宣言
オイシックスたべもの安心宣言

オイシックスは独自の厳しい安全基準を設けており、食質監査をクリアした食材だけを使っています。

オイシックスは国産品を多く扱っています。例えばミールキットでは国産大豆を使った絹豆腐を使っていますが、私はアメリカ産大豆の絹豆腐を購入しました。

オイシックスと同じレベルの食材をスーパーで購入した場合は、ここまで大きな差はなかったかもしれません。

今回は主婦の気持ちになってなるべく安いものを選びました

Kit Oisixには再現レシピが書いてある

こんなにもきちんと比較できたのは公式のレシピのおかげ。

実はKit Oisixのレシピカードには再現レシピが掲載されています。

キットオイシックスの再現レシピ
▲Kit Oisixの再現レシピ

ミールキットを通じてレパートリーが増えていくのはありがたいですね。

ミールキットで作って「美味しい!」と思ったメニューはもう一度つくることができますよ。

次は作業時間を比較します!

チェックポイント
  • ミールキットは1274円
  • スーパーで同じ食材を買うと390円
  • 再現レシピなら材料費はミールキットの1/3で済む

ミールキットと自炊の「作業時間」を比較する

ジューシーそぼろと野菜のビビンバ+小ねぎとのり、豆腐の韓国風スープの完成品

続いて、ミールキットV.S.自炊で作業時間を比較します。

ミールキットの付加価値の一つは時短です。どれだけの時間を短縮できるかが、ミールキット最大の見せ場。

それぞれかかった作業時間をまとめると、このようになりました。

作業ミールキット自炊
食材購入3分15分
下ごしらえ5分12分
加熱調理10分18分
食材保存0分3分
合計18分48分
▲ミールキットと自炊の作業時間比較

自炊はミールキットと比べて30分も多く時間がかかってしまいました。

忙しい平日夜の30分は大きいですよね。

「自由な時間を30分増やせるとしたらいくら払えるか」、そんなことを考えながら見ていきましょう。

調理前~調理後に分解して検証します

調理前:自炊はスーパーに行く手間がある

スーパーで買物をする主婦

まずは、調理を開始するまでの工程を比較しました。

調理前にかかる時間はこのようになりました。

作業ミールキット自炊
献立決め
食材購入3分15分

どんなベテラン主婦でも大変なのが献立決め。
ミールキットなら主菜と副菜がセットになっているので、献立を決める負担が軽くなりますよ。

しかし、献立決めにかかる時間は明確には表しにくいので割愛します。

自炊:スーパーで買い物

あくまで私の場合ですが、近くのスーパーまで片道5分+店内での買い物に20分かかり、合計30分を費やしました。

もちろんビビンバ以外の商品も購入しているので、その分を差し引いて食材購入にかかった時間は15分とします。

ミールキット:ネットでポチり

スマホでアプリ開いてビビンバをカートに入れるだけ。わざわざ外に出かける必要がないのでラクチンですね。

オイシックスのECサイトからミールキットを購入するのは3分でフィニッシュです。

オイシックスの場合、注文から到着までに時間のひらきがありますが、そこは考慮していません。

調理中:ミールキットは時短調理が可能

次に、ミールキットと自炊の調理時間を比較してみます。
今回のメニューでは自炊の方が15分も多くかかってしまいました。

作業ミールキット自炊
下ごしらえ5分12分
加熱調理10分18分

忙しい中での15分ってかなり大きい

ミールキットは時間を削減できる工夫が施してあります。そのおかげで15分も短縮できました。

  • カット野菜
  • 合わせ調味料
  • 味付き肉
  • 温泉卵

特にカット野菜は本当に便利!

ビビンバのセットには千切りされたニンジンが入っていました。

丸々のニンジンを自分で千切りするのは一苦労。袋をバッと開けてフライパンにザッといれるだけで済むのはありがたいですね。

ニンジンの千切り
▲自炊時はスライサーを使用
ナムルだれの下ごしらえ
▲ナムルだれの準備

調味料の準備もけっこう煩わしいもの。ミールキットなら袋を開封するだけなので手間なしです。計量スプーンを使ってナムルだれを作るのは意外と手間でした。

自分で野菜を切ると厚さもバラバラになるし、洗い物も増えてしまいます。

肝心の完成品は?

1枚目がミールキットで作ったバージョン、2枚目が自炊したバージョンです。

ミールキットで作ったビビンバと中華スープ
▲ミールキット
自炊したビビンバと中華スープ
▲自炊

「味も同じ!」と言いたいところですが、ミールキットの方が美味しかったと感じました。

理由はおそらく合わせ調味料。再現レシピに書いてあった一般的な調味料を混ぜただけではオイシックス特製の合わせダレを超えることができませんでした。

うまく再現できた方だと思います!

調理後:余った食材の処理に困る

最後に、調理後の片付けも見ていきましょう。

美味しくいただいた後にもミールキットのメリットが発揮されました。

ミールキットは使い切り食材なのでまさに立つ鳥跡を濁さず。キッチンも冷蔵庫もスッキリです。

しかし、自炊のほうは食材が余りがち。ラップで包んだり、カットして冷凍したり、保存するのに時間を取られてしまいます。

作業ミールキット自炊
お皿洗い
後片付け0分3分

自炊の方がボウルや計量スプーンなど洗い物がおおくなりますが、サッと洗えるものですし、かかる時間に差はないと判断しました。

余った食材をうまく消費できればいいものの、余った食材が悪くなって捨てられてしまうのはもったいないですよね。

食材ロスを減らすことにもミールキットは一役買っていると思います。

今回はニラ、小松菜、ニンジン、ネギ、豆腐が余りました。

チェックポイント
  • ミールキットはネットで買って自宅に届く
  • カット野菜があるから時短可能
  • 食材が余らないからスッキリ

ミールキットの付加価値はいくら?

時間をお金で買う、天秤にかける

以上のように、ミールキットは自炊と比べて高価であるものの、時間短縮のメリットが大きいことがわかりました。

  • 自炊なら材料費はミールキットの1/3で済む
  • ミールキットなら自炊よりも30分節約できる

最後に、節約できた時間をお金に変換してミールキットの付加価値を考えます。

ミールキットの値段の6割は時短効果

今回の検証では、ミールキットのおかげで作業時間を30分も節約できました。これをお金に換えるといくらになるのでしょうか?

マイナビの調査によるとサラリーマンの平均時給はおよそ1500円とのこと。ちょっと乱暴ですが、30分の節約は750円の価値があると考えてみます。
参考>>>サラリーマンの給料、時給換算するとなんと平均「1486円」→半数以上が「割に合わない」

この時給換算を踏まえると、ミールキットの内訳はこのようになりました。

ミールキットの内訳、材料費、時短効果、その他
▲ミールキットの内訳

今回の検証結果から、ミールキットの価格構成は以下のようになると結論付けます!

ミールキットの価格構成
  • 材料費 30%
  • 時短効果 60%
  • その他の付加価値 10%

ミールキットの中身はほとんど時短効果!
まさに時間をお金で買う商品ですね。

価値と価格を天秤にかけてみよう

では、ミールキットはどんな人に適しているのでしょう?

材料費・時短効果・その他の付加価値に対して「これなら払ってもいいかな」と思えるかどうかがポイントです。

使うべき
  • スーパーよりも安心できる食品を選びたい
  • 私の30分は750円よりも高い
  • お金を払って料理のストレスを解消したい
使うべきでない
  • 食材にこだわりはない
  • 750円払うくらいなら自炊する
  • 料理にストレスを感じない

みなさんはいかがですか? ぜひ自分の価値観と照らし合わせてみてくださいね。

私は時短のためにミールキットを使っています!

まとめ ミールキットで時間を買おう!

というわけで、ミールキットと自炊の材料費と作業時間を比較して、ミールキットの付加価値について考えてきました。

まとめるとこんな感じです。

この記事のまとめ
  • 再現レシピなら材料費はミールキットの1/3で済む
  • 残りの2/3は時短などの付加価値
  • 晩ごはんの悩みを解消したいなら使うべき!

「ミールキット使ってみたいけど……」と尻込みしている方の背中を押すことができたら幸いです。

オイシックスのお試しセットなら1980円で2個以上のミールキットが試せるので、まずはご自身で使ってみてくださいね。

以上、最後まで読んでくださりありがとうございました!

時短高価を感じてみて!

紹介しきれなかったミールキットのメリットはこちらで徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA